料理別おせちのカロリーをご紹介!

↓↓↓口コミで大人気おせちが残りわずか!↓↓↓

匠本舗公式サイト

料理別おせちのカロリーをご紹介!

 

おせちは一見、カロリーが低そうな食材が多いように見えてしまいますが、
場合によっては食べる量に気をつけなければならない食材も存在します。

 

それでは、おせちの食材のカロリーについて、もう少々詳しくみていくことにしましょう。

 

人気食材は高カロリー!?

まず、一番気を付けておきたいのは、甘い味のおせちだと言えます。
代表的なものとしては、栗きんとんや黒豆、だてまき、昆布巻きなどが当てはまります。

 

では、味が甘くない食材であれば、たくさん食べても大丈夫かというと、そういうわけでもありません。
数の子やかまぼこは、2切れ程度で20キロカロリーありますし、
エビの照り焼きは1尾で60キロカロリーを超えることもあるようです。

 

数の子

一方、カロリーが低めの食材とは、どのようなものがあるのでしょうか。

基本的には、酢の物や野菜の煮物のカロリーが低めだといえそうです。

 

つまり、人気が高い食材の方が高カロリーであり、そこまであまり人気が高くない
食材の方がカロリーが低いということが分かります。
また、食材だけで見分けるのではなく、おせちの構成によってカロリーを見分けることも可能です。

 

重によってカロリーも違う!?

例えば、一の重はかまぼこやかずのこなどが詰められていることが多く、カロリーは高めになっています。
それから、二の重に関しては、野菜の酢の物を始めとした
野菜中心の食材が多く含まれているため、カロリーは低めです。

 

また、三の重は、魚の焼き物や肉類が中心となりますので、カロリーが高めになっているといえるでしょう。
このように、重毎の構成によっても、大体のカロリーが分かってしまうものですが、
だからといって、カロリーが高い重の食材は口にしてはいけないということではありません。

 

重

例えば、三の重に関して言うと、魚の焼き物や肉類が多いとはいえ、

その他に野菜の煮物が含まれていますので、カロリーが高い食材を控えめにして、
カロリーの低い野菜を積極的に食べるようにすれば良いわけです。

 

このように、おせちの食べ方を工夫することによって、
カロリーを抑えつつ美味しい料理を楽しむことができますので、取り入れてみるて下さいね。