正月にお餅を食べるのはなぜ?意味や歴史を紹介!

正月にお餅を食べるのはなぜ?意味や歴史を紹介!

お正月には、おせちをはじめとして普段なかなか食べることのない食べ物を食べたり、特別な行事も多いですよね。
その中でも今回は「お餅」について取り上げたいと思います!
正月だからと深く考えずに何気なく食べているお餅ですが、いつから正月にはお餅を食べるようになったのでしょうか。
正月にお餅を食べる意味やその由来などについてまとめてみました。

なぜ正月にお餅を食べる習慣ができたの?

正月に餅なぜ

 

昔、お正月というのは五穀豊穣を司る歳神様という神様を迎える行事として毎年1月1日に行われていました。
ですので、その歳神様を向かえる前日、大晦日である12月31日には次の日にやってくる神様のために、お餅や野菜、魚、鳥など、その家で収穫した高価なものをお供えしていました。

 

そして、無事に歳神様にお供えした収穫物は、神様のパワーが宿るとされていています。
そんな、神様のパワーが宿った収穫物は、翌日、1月1日に『宿ったありがたい力を分けてもらい、1年間幸せにすごせますように』という願いを込めて、一緒に煮て食べるようになりました。
この一連の流れが、お正月にお餅を食べるようになった始まりといわれています。

 

ただお正月だからお餅を食べるというのではなく、きちんとした意味があり昔の人の幸せで健康であり続けたいという願いがこもっている習慣がこのお餅を正月にたべる、という行為なのです!

 

お餅が縁起ものな理由

またお餅は食べようとすると長く伸びることから、「餅は長く伸びて切れない」→「寿命も伸びて切れない」→「おめでたい」と長寿の象徴として縁起が良いとも言われています。

お正月と鏡餅の関係

正月とお餅の関係といえば、忘れてはならないのが鏡餅です。
また、鏡餅は古くは源氏物語の中にも登場する日本の伝統文化です。
三種の神器の鏡に似た形の丸餅を大小二つ重ね、上にダイダイの実を乗せます。

 

正月に餅なぜ

 

鏡餅を飾る理由についてですが、こちらも歳神様をお祀り(おまつり)する儀式の一つとしての風習に由来があります。
歳神様はお正月になると家にやってきてくれるわけですが、その歳神様の席として用意しておくのが鏡餅といわれています。

 

歳神様が家にいる間の1月1日から6日までは居間に飾っておき、松の内が終わり歳神様が帰ってから鏡餅をみんなで分けて食べます。
これを鏡開きと言います。
地域によってその期間はまちまちですので、以下にまとめました。

 

  • 関東の場合は1/1〜1/7が松の内、鏡開きは1/11
  • 関西の場合は1/1〜1/15が松の内、鏡開きは1/15

(※一部地域1/20・京都の一部地域1/4)

 

と地域によって日にちはまちまちですが、比較的全国で行われている行事なのです。

 

豆知識

ちなみにその昔、鏡開きは1/20に行われてきました。
しかし、江戸時代、徳川第3代将軍、家光公が慶安4年4月20日に亡くなり「月命日」が20日になったことから、20日を避けるようになり、このような地域性が生まれたと言われています。

正月のお餅つきの方法とは

本来は餅つきをして丸餅を作り鏡餅にしますが、最近では餅つきなどする暇のないという忙しい現代人に合わせ、切り餅が詰められているものや、完全にプラスチック製の鏡餅型の置物も販売されています。
正しい作法を知らない方も多いでしょう。
ですので、お正月のお餅の準備から鏡開きまでの流れについて、その方法や由来、意味などを軽くご紹介します!

 

餅つきについて

正月に餅なぜ

 

餅つきをする日についてですが、鏡餅に使うための餅つきは12月28日が最適です。
8のつく日は末広がりで縁起がいいとされているためです。

 

26日(6のつく日はろくでなしの意味があるため)、29日(9のつく日は苦しむ、という意味があるため)は縁起が悪いので通常は避けて行います。
また、31日は「一夜餅 ひとよもち」といわれ、運が一晩で無くなってしまうためこちらも避けたほうがいいようです。

 

意外と知られていないことですが、お餅は昔からハレの日の食べ物であるため、お正月を迎えてからお祝いの行事として餅つきをするのもいいとされています!
ただし、元旦に来る歳神様の席をきちんと用意しておくために、鏡餅は新年を迎える前に別に用意しておきましょう。

 

餅つきの際に必要な道具は杵(きね)と臼(うす)です。
杵には通常カシやヒノキが使われ、形状により竪杵と横杵の二種類があります。
臼はお餅専用のつき臼というものを使用し、木製のものが使われますが、石製のものもあります。

 

最近では電動餅つき器なるものがあり、もち米とお水を入れて炊飯器のようにスイッチをポンと押すだけで簡単に家庭でもお餅を作れるものがあります。

 

従来の餅つきの方法は、以下の通りとなっています。

 

昔ながらの餅つきの方法

  1. 杵の先をお餅が引っ付かないよう水に浸しておきます。

    また、臼はよく洗い水を張ってこちらも餅が引っ付かないようしっかりと水を含ませておきましょう。

  2.  

  3. もち米を洗い、8時間ほど水に浸してお米を柔らかくしておきます。十分な水を含んだらざるに上げて余分な水気をよく切ります。
  4.  

  5. 蒸し器に晒し布を敷き、もち米を炊き上げます。ここまでは通常のご飯を炊く流れとほぼ一緒です。
  6.  

  7. 炊けたもち米を臼へと移します。
  8.  

  9. 杵でもち米を臼に押しつけ、裏返しながらお米をつぶしながら全体に粘りを出します。
  10.  

  11. 杵でしっかりとお餅をついていきます。
  12.  

  13. 杵とお餅がくっついてきたら、適宜濡らした手でお餅の表面に水分を与えます。水が多すぎると後々固くなりやすいので注意しましょう。
  14.  

  15. つき終わったら餅取り粉をまぶした板の上に置き、食べやすい大きさに餅をちぎって丸めます。

工程も多く、手間暇がかかるお餅ですが、上手につけるとのびのよくて柔らかいおいしいお餅が食べられます!

正月のお餅の形には地域差がある!

正月に餅なぜ

 

正月のお餅といえば、雑煮を思い浮かべる人が多いようですが、山陰地方や九州地方の一部には、雑煮ではなくお汁粉やぜんざいでお餅を食べる風習のある地域があります。
また、全国的に見てみるとすまし汁のお雑煮が多いようですが、地域によってはお味噌を使ったお雑煮というのもあり、こちらは関西地方に多いようです。

 

お餅の形も東日本は角餅がおおく、西日本は丸餅を使用することが多いようです。
珍しいところで言うと沖縄のお雑煮には餅は入れず、豚の大腸や小腸を使った汁を雑煮と呼びます。
文化の異なる沖縄ならではの風習です。

まとめ

子供のころからお正月=お餅を食べるもの、と何気なく考えていたのですが、実はこんなに古くから受け継がれてきた歴史に由来するということだったのですね。
これからはその意味をしっかり受け止めながら、お正月をありがたくお迎えするようにしたいです!